FC2ブログ

妄想していた西の沢へ

 かねてから妄想していた沢に行ってきました。

いつものように夜中に移動して、車止めで仮眠していたら、4時30分に目が差寝てしまいました。
途中のコンビニで買ってきた、朝飯を車の中で食っていたら、なにやらの車の音、モスグリーンのジムニーが
立ち入り禁止の看板を外して、通り過ぎました。

先を越されたか! 
焦っても仕方がないので、のんびりスタートです。

今回のために、スマホにGPSアプリをダウンロードしました、
車止めで標高934mを表示していました。

前回の反省を踏まえて、ウェーダーは履かないで、速乾パンツにウェーディングゲーターは楽でいいです。

林道を歩きます。
ジムニーが泊まっていた場所です。



ここから沢に下りるのは危険ですね(否、無理です)

案の定、杣道に入ったら、足跡がありました。



杣道はこんなです。

沢登の方の記録によるとここに入渓点があるはずです。



この場所を探すが、見つけることは出来ませんでした。

やはり予定していた入渓点む向かいます。



最初は大丈夫ですが、ほとんど崖でした。

このときのために20mロープを2本ザックにつめてきました。

25分くらいかけて、入渓です。

一休みして、釣りあがります。
先行者の形跡は無いです、先行者は別の沢に入ったか、別の目的?



幸先よく、ちびイワナのヒットです。

水量は多いですね、日本有数の豪雪地帯ですので。
しかし、淀みと巻を狙うと、必ずといっていいほど出ます。

水量はこのくらいです。



しつこく流していたので、二つ目の堰堤まで、なかなか進めません。
ここぞと思うところからは、必ず出てくれます。
この時点でツ抜けしてました。

ここが二つ目の堰堤、



右側から越えれます。

超えると川原で、ポイントが絞れません。
面倒なので竿は畳んだままです。




そうこうしていると、3つ目の堰堤が見えてきました。



このあたり(時間)から、なんとなく水温が下がった感じがします。
足が冷たいです。

イワナの出方もゆっくりでヒットしません。雪解け水が入って、水温が下がった?
この場所ならありえますね。

三つ目堰堤下で3連続のバラシです。
活性が下がったような感じです。




絶対居るはずと思い、際をゆっくり流します。
右奥の岩手前ですれすれで出ました。



丁度尺くらいでしょか。

予定は四つ目の堰堤まで行って川通しで下る予定よをしていましたが、
水温も下がっていて、出方も鈍いので、地図で見ると四つ目の堰堤前はゴルジュのようになっていて、
水量も多いことが予想されますので、ここで終了。

もうひとつの支流を見に行くことにしました。



この沢は、本流より明らかに緑色の濁りがあります。
この堰堤の下も2回のバラシ、あの斜面を登ると思うと、この堰堤を越えて上を目指すのは諦めました。

入渓点に戻り、一息ついて、斜面に取り付きます。
ほとんど崖ですね。



朝に撮った画像ですが。
上り100mくらい、25分かかりました。

途中来るときに見つけなかった、別の入渓点を探しながら帰ります。
ここではないか?



ここなら、地図からみて、朝の入渓よりは斜面はきつくないです、ただ堰堤を越えないとダメですが、
堰堤は斜面より越えれるようです。

斜面は130mの落差はありますが、目印は杣道の右側に1mくらいのブナの木です。
ブナの木まで行って見ましたが、明らかに人の入った形跡が、枝が折られています。

朝に入った入渓点よりは少しは楽という位ですね。
ここの探索は次の回ですね。

帰りに見たときは、ジムニーは無かったです。
朝には足跡がありましたし、帰りもスパイクの同じ足跡がありました。

釣りではないのかも?

なぞですね~。

車に着いたのは午後3:00でした。

もう少し安全なアプローチが出来れば、いい沢ですね、
ただしフライの出来る期間短いでしょね。



スポンサーサイト



プロフィール

週末フライフィッシャー

Author:週末フライフィッシャー

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ