FC2ブログ

三連休で前回行けなかった場所へ、

ここから見ると堰堤高いです、



左側に道があるので下っていけます、それから写真奥のがれ場を上ります。
少し水量が多いような?


居るはずだが、反応が鈍い? 底に定位して、フライになかなか反応してくれません。



やっとこのサイズ、

気温が上がってくると、川霧が出ます。


もう少し水量が少ないほうがいいです、流れが速すぎ!
数も出ません。


この川は両サイドがもろい岩盤でこんなです。






豪雪の雪代で、毎年渓相が変わります。
昨年あったポイントは無くなって、新しいポイントが出来てます、釣りづらい川です。

たまにこのサイズ










やっとこのサイズ



 




これ以上釣り上っても、この水量ではいいポイントがないので、
早々と切り上げ移動です。

雪代が出た時でしょうか、堰堤の上まで流木があります。




天気をよく見て行かないとヤバい川です。


次の川に移動、
竿とリールら替えて、こんな獣道を熊よけの笛を吹きながら進みます。






堰堤を越えてからが釣り場です。
ここもいい型が出ません。



右側から超えれますが、

こんなのしか釣れません、




今回の遠出はいま一つです、
先週と何が違うのか考えてしまいますね、
腕ですかね。


スポンサーサイト



迷った結果、防災カメラ堰堤上は見送り

で、午前1:30には出発、月が西に、今日は晴天ですね。
山形でも北部の豪雪地帯に向かいました。

 今年もツキノワグマの生態調査をしてます、センサーカメラがあちこちに設置してます。



写真がぼけてしまいました。

入渓してまずはこんなサイズ、


 
水量が多いので、ゆっくり流さないと出てくれません。



 この沢は、朝日に向かって釣りあがりますので、逆光でフライが見えずらいです。



サイズは大きいとはいえません、こんなのが飽きない程度にヒットします。


  
この時期はまだ雪渓が残っています



そうこうしていると、最初の大場、



ここではこんなのが出ました




しばらくは下の写真程度のサイズが出ます、
水量が多いので、ゆっくり流してフライを見つけさせるのに苦労します、
そして、いると信じて、しつこくフライを流します、
ヒットに失敗しても警戒させなければ2度追い、3度追いするやつもいます



二箇所目の大場です、



ここでやっとこのサイズ、



枠超えですが痩せてますね。

ここの大場をを越えるため、右のがけをへつり上流へ、


最後の大場です、






水量が多く、立ち位置も狭くて、流れの巻いているところにフライを流すのも苦労します、
でやっと、


深みにもぐろうとします、30cm超えるかな、
枠は超えたが、30cmはないですね。





最後の滝まで来ましたが、


最後はこのサイズで終了でした。

下りは1時間ですが、遡行してくるのに7時間がかかりました。
満足ですね。

昨年だったらこの後もう一本の沢に行きますが、腹も減ったし、明日朝早く出稼ぎに移動しますので、
今日はここでお仕舞いです。

帰りは3時間半の移動、夕方6時半には自宅到着でした、
「あら、今日は早いね~」ですと・・・・

来週は金曜日からちょっと早い夏休み、どこに行こうか、その前に天気ですかね?

水量が気になります。

 昨日から実家に来てます、今日の会議が終われば、今回のミッション終了、
と言っても9:00~12:00は長いですね。

 今回は山形北部へ行こうと考えていましたが、防災カメラで見るとこんな状況です。


 
 奥に見える堰堤から落ちる水量が多いです、あの2/3程度にならと奥は釣りになりません。
昨日の画像ですので、今日一日でどこまで落ちるかですが?、経験上期待はできませんね。

3時間半かけて行って、ダメだったら・・・・・・と考えると、場所の変更かな、
今日の夕方の防災カメラを見て考えます。

以前はこのカメラの存在がわからず、行ってダメだったことが何度かあります、
便利になりました。

この辺一帯は東北でも珍しいカルデラ地帯です、
豪雨の時などたまにがけ崩れがありますね、
昔ほどイワナは居なくなりましたが、いい釣り場です。

プロフィール

週末フライフィッシャー

Author:週末フライフィッシャー

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ