FC2ブログ

シーズン最後はやっぱりいつもの里川で

 昨日は仕事でしたので、今日がシーズン最後の釣りです。

 ということで、いつもの里川へ、凄いことになっていました、昨日の豪雨で渓相は変わり、二日前の雨により増水です、川をみて止めようかと思いましたが、せっかく来たので少し竿を出すことに!


 

 
 あんなに勢力を伸ばしていた葦は全くない、ガードレールまで水が上がったようです。

この川は何度も来ていますが、ガードレールにゴミが引っかかっていたのを見たのは初めてです。

 当然、瀬には付いていません、流れの緩い、深みをゆっくりフライを流します。
 

 
 この川でのGood Sizeです。

遡行も困難ですので、いったん上がり上流に移動です。


 
 稲刈りの時期ですね!でも田んぼに木の根っ子が、これほど増水したのに田んぼにはそんなに被害が出ていません、よかった。



 この橋は完全に水没したみたいです。

 そのあとポイントを変えてこのサイズ!



 これほど増水していたとは、今まで見たことがないです、被害が出なかったことが救いですね。

 途中の川土手の秋桜、



 今年は秋桜の咲く時期が遅いようです。
 
 シーズン最後は、ヤマメを2匹だけ釣りました。
 これで十分です、あの増水でも、ヤマメは残っています、自然はすごいですね。

 今年の釣り納です、また来年「桜の咲く頃」に2016年モデルのロッドをもってきましょう。
ランディングネットも製作中です。


 、

 
スポンサーサイト



シーズン最後の遠出

 この二日間は今シーズン最後の遠出でした。

 一日目の最初の沢は期待外れで、先日の雨の影響が残っていて、水量が多いです。ポイントがありません。
なんとか頑張って、このサイズ。





 4時間の遡行で、4匹でした。

川通しの下りのつらいこと、釣り人単純なもので、釣れないときの下り足の重いこと。

 時間もあるので、昨年渇水でダメだった沢に行くことに。
昼飯も早々と済ませて出発です。

 大地の裂け目を流れる沢です。





 右の流れの沈み石(写真では分かりづらいですが)のところで、黒い影が反転しました。

深みに潜ろうとします,BATでこらえます。
でもこのロッドはBATを柔く作ってあります、こらえるのがやっとです。

もう少し、BATを強く作っておけばよかった。

”これは大きい” 慎重にやり取りをします、何とか浮いてきました。

ネットインしたとき、年甲斐もなく「ヤッタ!」と叫んでしまいました。



 32cmでした。    「このロッドのテーパー」でこのサイズはちょっと厳しいか?
シーズンオフの課題が見つかりました。

この沢は数こそ出なかったが、帰りの下りの足取りは軽かった。


 二日目の場所に移動です 1時間の道のり、ビールはそれまで我慢。

到着後、まず「ビールで一人乾杯」です。

ビール3缶とバーボンを飲んで、そうそうと就寝(今回は車中泊です)。

 5時に起きて目的の沢に入りますが、ここも水量が多い、流れの緩いところを流します。



小さいけど、カッコイイヤマメが出ました、でも数が伸びません。

そのうち前方の山に不穏な雲! 雨が降ってるみたいです、しばらくして濁りが入ってきました、ここは降ってないが場所変えです。

 さて困った、隣の沢に行きましょう、この沢は源流部は先ほどの沢と山が別ですので、濁りもなく水量も「グッドコンディション」でした。

 入ってしばらくポツポツとヤマメがでますが、ここはそうそうと飛ばしてイワナの場所へ急ぎます。

やっと、私の好きな渓相になってきました。



 このような源流部がすきですね!

イワナが出始まりました、悟られないように、身をかがめてアプローチをします。
20~24cmくらいのサイズがポイントから「ほぼ必ず」出ます。



退渓時間を考えると、写真を撮るのも面倒です(でもしっかり撮っています)。

最後の大場?否時間ですのでここで終わりです。(上もありそうですが来年ですね)

ここからは「写真の時間」と「内容」を逆で書きます。



 身をかかがめてアプローチ、「瀬尻の際」に小さいのが定位しています、この魚を狙うか?
でも中央より手前の「かけ上がり奥、右側の岩の黒く映っている部分」のところが気になります。

 匍匐前進で小さいのを走らせました、一旦戻り遠めに「右岩の際の奥にフライをキャスト」
ゆっくり「#14 アント ハックルはオリーブグリズリー」が流れます、
フライが「黒く映っている岩の手前」で、吸い込まれるように、水面から消えました。
軽く合わせます、ん~、重い、トルクのある生命感が伝わってきます、でも魚体は見えません。

 深み深みに潜ろうとします、竿は無理に立てません、TIPが水面に刺さります。少しずつ竿を起こして魚を浮かせます
魚体が見えてきました、「大きい」、ますます慎重になります、「7X切れるなよ」。

 魚が浮いてきました、また潜ろうとします、これの繰り返しです。

 弱ってきたところで、ロッドの持つ手を後ろに目いっぱい背中の後方に伸ばします(竹竿での取り込みはネットとロッドを持つ手をなるべく離すようにします)。

 やっとネットインです。ちょっとピンボケですが!


 
 ロッドでの計測ですが、35cmはありました。またもや年甲斐もなく「ヤッター」と叫びました。
 川通しの下りは「慎重に急ぎます」、車に着いたときは「うす暗く」なってました
 危なかった。

 手前味噌ですが、このテーパーは良かった。

 「シーズン最後」の「サイコーの遠出」の締めくくりでした、
 でも疲れた、相当歩きました。

 さあ寝よう! 明日は墓参りです。






キンモクセイの花が。

 いつもなら10月になってから咲く庭のキンモクセイに、花の蕾がついているではないか、ここのところの低温で勘違いをしているのか、季節の移ろいが少し変だ。

 今日の午前中は太陽が出たが、また曇ってきた。



 まだ、雨の影響もあり川は大変のことになっているので、今週末ものんびりだ。

 「フライの雑誌 106号」が届いた。





 「水口憲哉」氏の記事はいつも興味深い、
「山形県ではダムをつくって川をよくし、アユをふやすという時代錯誤のことがまじめに語られている。
ダムをつくって清流をとりもどすという考えは、原発をつくって明るい未来というのと殆ど変わりがない」
(フライの雑誌106号5ページより引用しました)

 まったくこの通りだと思う。

 山形県の小国川はアユ釣りのメッカだ、漁協もしっかりしている、
しかし漁業権の認可と引き換えに、ダム建設を承認したようだ。

 止めてほしいものだが、「大きな政治的な力」が動いているようだ。

 一人の釣り人の力は弱いかもしれないが何とかならないものか。

 そんなことを考えながら、今日も「のんびりと工作」でした。



 作っているものは、完成したらアップします。


修復

 山形方面に行きたかったが、天気が悪そうなので、今回は中止です。 

昨年、アジサイの剪定を失敗して、今年はアジサイが枯れた・・・切りすぎでした。
アジサイを枯らすなんて・・・・・・・・あり得ない。

今まであったものがなくなると、庭が寂しいもので、挿し木していたものを植えることに、



 ガクアジサイです、花が咲くまでは時間がかかりそうです。



 先週の釣行の時に、斜面を下りるとき滑って、「しりもち」をついた。
ウェーダーの尻の部分が破けてしまったので修理することに。



 裏は、縫ってアクアシールでほつれないように補強しました。

 マスキングをして塗っていきます。



 裏はこのようなります。



 表はシーリングシートをアクアシールで張り付けました。



 アクアシールは柔軟性もあって便利だが、残ったチューブがすぐ固まってしまうので、
何とかならないものか!

 この部分はちょっとカッコ悪いですが、まあいいか。

 で、いま私の尻には「アザ」があります。
プロフィール

週末フライフィッシャー

Author:週末フライフィッシャー

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ