FC2ブログ

滝を見に・・・・・キノコで終了。

  シーズンも終盤になってきたので、まだ見てない滝を目指すことに、

地図にて距離を確認です、入渓点から4kmはあるでしょうか、標高850mぐらいか。
こんな感じで、1/25000の地図で確認です、登山では1/50000の地図で十分だが、沢は1/25000の地図のほうが使いやすい。



地名がありますので飴を置いています。

 入渓点はこんな様子です。



渇水です、今回は滝を見ることが目的ですので、いそうなポイントのみ、フライを入れていきます。
食いが渋いですが、こんなのが出てくれます。



 沢幅の狭くなり登りも急になってきました、やっと滝に到着です。
 遡行、7時間、結構登ってきました。

でも、ガッカリ、イメージしていた滝と違います。写真では分かりづらいですが、落差1.5m程度です。
この上もありそうなので、滝の左側を超えることに。



なんと上のほうがコンディションがいいです。

沢幅は極端に狭いが、水量もあり石は苔むしています。

こんなのが出てくれます。



ヒレピンのイワナです。

このあたりが、この沢の源流部でしょう。



滝から1時間ほど登り、この上は平たんですが、藪になってしまいました、ここで遡行終了です。

入渓してから8時間経っていました。入渓地点についたのは午後4時でした。
遡行8時間、下り2時間15分・・・・・疲れました。

車に戻り、次の目的地に移動です。
ビールの旨いこと、大分疲れていたので、午後7時には就寝です、次の朝、6時まで熟睡でした。

 

2日間はのんびりです、この川もやっぱり渇水です、



 チビヤマメが出てくれました、それにしても、水量が少なすぎて釣りになりません。
そうそうと切り上げ、別の場所に移動です。


 
 この堰堤の上に行くことに。


 
 こんな獣道を降りていきます。



 全景はこんな感じです(おじさんが映っています)

堰堤の上も渇水です、


 
 でもこの沢は、この上がポイント、渇水時期でないと釣りになりません。

 見てくださいこの水量、ちょうどよいです。



 プールの連続です。


 出るイワナの型は、これくらいのが多いです。

でもこの渓相が続くのは、一区間です、登りきるとまたこの渓相に戻ります。



 ここが源流部で、途中流れがなくなり、水無川になってしまいます。

 ここで二日間の釣りは終了です。

 先ほどのおじさんですが、キノコ採りの方でした、駐車スペースについたとき、秋田ナンバーの軽自動車が止まっていました、山菜採りですか?などと質問しても、あまり多くを語りません、颯爽と藪の中に消えていきました。
 私も釣り終えて、下ってきたとき、写真を撮っていたら、不意に藪から出てきたときは「びっくり」でした。写真を撮る了解を得て、写真を撮らせてもらうことに。

 車まで戻り、話しかけてみました、「キノコ採りですか?」、「ん~」そっけないような返事と同時に採ったキノコを見せてくれました、「何というキノコですか?」 「トンビタケだ、持っていって食え」、一株頂きました。
この時初めて笑ってくれました、日焼けしたくしゃくしゃ顔が人懐っこそうです。 「どうやって食えばいいんですか?」 「煮て食え」  こんなやり取りです。

 無口でも人の好さそうな笑い顔のおじさん、否 お爺さんでした。

 「トンビタケ」初めて聞くキノコでした。ネットで調べてみると、マイタケの仲間で、「マイタケはミズナラなどに生えるが」「トンビタケはブナに生えるそうです」、標高が高いブナ林に生えるそうです。山形、秋田で食されているようですが、岩手ではあまり食べないそうです。香りは、マイタケよりもきつく、秋田の相場では100g、1000~2000で取引されるという、「知られざる秋田の珍重キノコ」らしい。300gほどいただいたので、結構な価格ですね。
台所にいい香りが漂っています、明日食べますか。

こんなキノコです。



 それにしても、腹減った、朝から何も食べていません。
 道具を片付けて、カップ麺を食って、帰りますか・・・・・・。

 この時期は、フィッシングベストではなく、胸に大きなポケットのあるベストを使っています。
でも二日目は寒いくらいでした。




 今回、釣果は「二日間で41、まあまあです」、それ以上に地元の人の暖かさに触れたことが「心に残る遠出」でした。
 
 
スポンサーサイト



ヤマメ、小さいけどね! そろそろ終盤。

 「川」には行かないで、工房(物置です)で工作をしてましたが、トラブル発生!

ハワイアンコアのグリップを切り出していたら、割れがあり、そこから割れてしまいました、材料を買うのももったいないので、エポキシで接着することに・・・・・・オフにアップします。

作業は中断、時間も空いたので、やっぱり「川」に行くことに、この時期は釣れなくても、「川」に行きたくなってしまいます。

 こんな小さなヤマメが出てくれます。

 薄っすら「婚姻色」になっていなした。




 
 この川は、33年前、エサ釣りで初めてヤマメを釣った「川」

 そして、まだまだ下手ですけど、フライのスキルを上げてくれる「川」です。

 そして、ロッドのテストをする「川」です。

 写真のロッドは三本目の「7フィート、#3」 、「使えるように」、作ることが出来るようになった「バンブー」
なぜか「この時期」になると使いたくなります。


遠出の準備です。

 来週の遠出に備えて、準備開始です。



 プロモンテ VL13 グランドシート部分のシーリングテープが剥がれてきたので、アクアシールで補強、昨晩から乾かしていました。

 吊り下げ式ですので設営は楽です、暑い日はフライシートは掛けません。

 台風が気になりますが、来週は「あの沢」の「あの場所」でのんびりロッドを振りに行きますか!

 でも、家の中でテントを張っても怒られない、我が家は平和です。


2冊の本

 あまりの暑さに、外に出る気になれず家の中でダラダラと・・・・・・・・

「アブラゼミ」のな鳴き声に交じり、たまに「ミンミンゼミ」の鳴き声がこの暑さを一層暑く感じさせてくれますね。
でも夕方、「ヒグラシゼミ」が鳴き始め、キンキンに冷えたビールが喉を潤す瞬間がサイコーです。

 2冊の本を読み終え、どちらも内容は勉強になりました、でも私には「バンブーロッド教書」のほうが、勉強になりました。

 ロッド製作の奥深さ・・・・・・私は入口を入ったところでしょうか

 「本気で遊んでる人」は重みがありますね。

 でも、プロビルダーって日本に何人いるんだろう。




プロフィール

週末フライフィッシャー

Author:週末フライフィッシャー

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ