FC2ブログ

台風の前に

 3連休は一泊テント泊の遠出を予定していましたが、台風が来ております、しかも天気予報は19日は日本海に抜ける模様、ぎりぎりまで迷い、18日のみの日帰りに変更です。

 迷った挙句、山形 北方面へ行くことに、19日の天気予報は雨マークがついていました、ここを1日でやるのはハードなスケジュールです、バイクで移動できればいけるかも。

 18日は午前1時に出発、4時には現場着、車を止めていたら、あちらから声をかけられました、
練馬ナンバーの先行者が夜明けを待っていました、しかも4人も乗っています、
年のころは初老、この場所は初めてで、エサ釣りで、地図を見てきた様でいろいろ聞かれました・・・・・・

 長くつ胴長では危ないですよ・・・・
しかも、途中に落石があるから、ワゴン車では・・・・

 でも、せっかく関東から来たので、その場所は譲ることにして別の沢に行くことに、バイクが活躍します。

そんなこんなで、入渓です、ここも1年ぶりの場所です、

 反応があります。



 まずまずのが出ましたが、あとが続きません、出ても小さいのばかりです。



 こんなのばかりなので、場所の移動です。


 
 この沢は両側がこんな感じで、増水したらヤバいです。でも天気予報の「午前中は小雨」を信じて入渓。

こんなサイズが、狙ったポイントから出てくれます。



 最終の滝までやり、川通しで降りてきました、3時半でした。

 エサ釣りの人たちも帰った頃と思い、当初の場所へ戻ることに。

エサ釣りの人たちの足跡がたくさんあります、時間もないので、出そうなポイントのみフライを入れて、あとはパスしていきます、何とか出てくれます、

エサ釣りの人たちは釣ったのか、意外とこの時期になるとイワナは瀬のちょっとした、トロ場に付いていたりします。イワナは神出鬼没で体力を極力使わず捕食できる場所に居たりします。


最後の堰堤です。


 

 セオリー通り、瀬尻を狙います、反応ありますね。

 ライズがありますので粘りますか、

 最後に来たイワナ、大きさの割にはトルクがありました、この沢は数こそ少ないが、
カッコイイ奴が多いです。



 大きさは別にして、「ヒレピン」が多いです。

 雨も降ってきたので、本日終了です。



 魚の写真がばかりですので、



 ラフロイグ、クォーターカスク 

 外では飲むが、家では飲まないこのスコッチ、

嫌いな人は、「オキシドール」などと形容するが「強烈なビートの香り」の後にくる、「甘さ」がたまらなく好きだ、
「18年」もあるが、「クォーターカスク」の「くせ」がたまらない。

 今日は後片付けで終わり、明日は来週の3日間出張に外力を温存しますか。

 これは、そのうち「坊主」と飲もうか!
スポンサーサイト



梅雨の晴れ間

 7月中旬に野川に行ったときです。朝、出かけるのが遅くなり、着いたのは10時頃、車止めには5台、3台は登山者か、2台はステッカーが貼ってあり明らかにフライの人です、しかもテントまであります。朝早く入ったみたいです。

 後を追ってもダメだと思い、渋々別の沢をやりましたが、まるで駄目、昼食をとり、昼寝をしていたら例の車の2人が帰ってきました、一人は見るからに「いぶし銀のフライマン」という感じです。

 なぜか話をかけられました、いろいろ話をし、「バンブーか、俺も昔、丸竹バンブーを作ったものだ」「○○○○川」に行ってみろ」 こんのことを言って去っていきました。

かれこれ数年前の「梅雨の晴れ間」の出来事です。



 ここは日本有数の豪雪地帯です、今年は少なかったみたいですが、雪代が終わっても水量が多く、ドライは6月末ぐらいからベストになります、まして退避ルートはなく、川通しの下りになるので天気を見て入らないと危険です。

 先ずここを登ります、左の崖が崩れたみたいです、前よりは登りやすくなった。



 登りきると殆ど両サイドは切り立った崖です。昨年、降りれそうな場所を見つけ試みましたが、敢え無く撤退でした。滑って、辛うじて、木の枝に捕まり助かりました。



 でも、渇水ですね、水量が落ちるのは今年は早かったみたいです。

 反応が悪いです、いつも出るポイントでは殆ど反応なしです。
 でも、何とかアベレージサイズを釣っていきます。


 
 ポイントらしいところはフライを入れていきますが、数は出そうにありません。

 でも最後の大場できました、いつもは水量が多くて釣りにならなかった場所です、深みに潜ろうとします、竿を寝せてBatでこらえます。
 
 しかも2連続です。




 
 2匹の尺超えでした。

 最後はこのサイズで納竿です。


 
 いつかこの上をやってみたい、それには超える手段を考えなければ、



 超えれそうで超えれないこの滝。

 約6時間半の遡行でした。


プロフィール

週末フライフィッシャー

Author:週末フライフィッシャー

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ